事例紹介

CASE03

ネットオークションと連動した販売システムで売上高の倍増が可能に
自動車部品販売様向け 『ネットオークション販売管理システム』

導入の背景と目的

自動車部品の新品・中古販売をおこなっているA社は、店舗とインターネットを軸にの販売をおこなっていました。
インターネットでの販売には設立当時からサービスの開始が始めていたYahooオークションを活用していましたが、 出品数の増加とともに手作業で在庫を管理しながら出品・入札確認等をおこなうには膨大な時間が掛かり、 手作業による出品管理ではオペレーター1人当りの出品数も限界に達しました。

そこで弊社がYahooオークションと連動し、更に既存の仕入・在庫管理システムとも連携した ネットオークション販売管理システムを構築することになりました。(図1)

図1:導入前
導入前図解

導入の課題とポイント

単にYahooオークションへの出品支援管理をおこなうアプリケーションは沢山ありますが、 既存の仕入・在庫管理システムと連携することで、出品面での業務負担を軽減するだけでなく 在庫管理からYahooオークションまでの一連の管理をおこなうシステムを構築しました。(図2)

図2:導入後
導入後図解

<開発環境>
プラットフォーム:Windows
データベース:SQL Server
言語:VBA(Access), Visual Basic

導入の効果

出品作業コスト負担に伴い限界にきていた出品数も飛躍的に増加し、 システム導入前は1人当り月間200万円の売上を上げていましたが、 システム導入後は販売数も徐々に増えていき、最終的にはオペレーター4〜5人で月間4000万円という 1人当り約5倍もの売上増加を実現することが可能となりました。

また、既存の仕入・在庫管理と連携したことで、出品漏れや出品作業時間に伴う売り損ねによる機会損失を防ぎ、 逆に1品を2重に出品してしまうななどの人為的ミスを発生させてしまうことが無くなりました。

このページのトップに戻る
ホーム | システムソリューション | WEBデザイン | 事例紹介 | 会社案内 | 採用情報 | お問合せ | 個人情報保護 | サイトマップ